コントラクトMR

コントラクトMRとは

CSO=MRを派遣したり、MRの仕事を委託する企業のこと。
コントラクトMR=CSOに所属しているMRのこと。

コントラクトMRとは、CSOに所属している外部委託型のMRですので、製薬会社への派遣or請負として働く人をいいます。CSOのクライアントとなる製薬会社に、MRの仕事を一部勤めたり、人員補充として勤めます。

勤務先は毎回異なるというのではなく、2~3年同じ勤務先となるため、その間は製薬会社の名刺を持つことになります。

どんな人がコントラクトMRとして働くの?

  • MRとして職場を一時的(数年)離れた人の再復帰場所として
  • 勤務地希望が強い人
  • 製薬会社の本社内勤スタッフを目指す人

コントラクトMRとして働くメリットは、大きくこの3つです。

復帰場所&勤務地希望の強い人

MRのお仕事はハードなので、結婚を期に退職する女性が多くいらっしゃいます。で、子育てが一段落して働き始めようと思ったときに直面する壁が家庭。正社員MRは転勤があるので、離れて暮らすなんてイヤ!そこで、異動のないコントラクトとして業界に復帰するワケです。

同じMRの仕事だけれども、転勤がないので住み慣れた場所でお仕事に復帰できるんですよ。

製薬会社の本社内勤を目指す人

コントラクトMRとして、CSO内部でキャリアを積むことで、PM(プロジェクトマネジャーという管理職)になれることもあります。また、派遣先の製薬会社から業績を認められ正社員として迎えてもらえることもあります。

正社員登用は、営業ではなく、管理部門など本社内勤であることが多いのが特徴。というのも、CSOではMR認定試験に向けた勉強やそのサポートに力を入れている会社が多く、気が付いたら知識や能力の面でCSOのマネージャークラスを任されることはザラ。つまり、知らないうちに管理能力が身に付くわけです。製薬会社は、こういった人材を社内教育のために本社内勤として採用したがっているんですよ。

メーカーMRとして、本社内勤は狭き門。これを通過するために、コントラクトMRになることが役立つんです。ちなみに、本社勤務での仕事は研修担当、マネジメント、管理なので、転勤がないのも大きなメリットです(地方でコントラクトやってて本社採用されると異動と同じことですが)。

コントラクトMRのこれから

もともと、コントラクトMRの活動範囲は製薬会社の人員補充という色合いが強かったのですが、今ではがんや中枢神経系などの専門分野を任されたり、メーカーMRの教育係として活動することが多くなりました。そのため、2011年に日本CSO協会も設立され、総MR数の5%とされるコントラクトMRを欧米並み(15~25%)に増やす活動が行われています。

専門領域、そして教育。コントラクトMRは製薬メーカーにとって必要不可欠な存在になってきていて、今後その傾向がもっと強まることは間違いありません。

転職できなかった、もっと年収アップできた、転職したけどこの会社居心地が悪い・・・というミスを防ぐ方法を紹介。
詳しくはこちら
MR経験者、畑違いの業界で活躍中の未経験者のどちらでも、転職に成功して年収アップを狙えるMR求人紹介サイトをまとめました。
詳しくはこちら
運営情報サイトマップ
Copyright 2013-2017 MR求人&転職ひろば All Rights Reserved.

ページトップへ