製薬会社の現状【日本企業と海外企業】転職するならどっち?

製薬業界の日本企業

日本の製薬企業は、国内に2千社以上あり、中小企業から大手メーカーまで様々です。

日本人は生活にかかわる商品は、外国製よりも国産を好むように、海外の医薬品よりも国内生産の医薬品と聞いた方が安心&安全だと感じるでしょう。

しかし、国内でも大手の武田薬品工業であっても、世界に目を向けるとまだまだ及ばないのが現状なのです。

新薬の開発研究に必要な費用が少ないことが、世界で使用されるほどの新薬が少ないことにつながり、国内製薬企業の今後が懸念されているのです。

これからは外資系の製薬業界が国内に進出してきたり、買収などがより盛んになると言われており、また日本の製薬企業の競争率も激化していくだろうと予想されています。

それを伴い、国内企業同士で合併したり、海外製薬企業を買収する動きがあります。

製薬業界の海外企業

海外には世界で活躍している医薬品を取り扱うメーカーが多数あります。多くの人が知る「ファイザー(アメリカ)」は、世界で1位を誇る大手メーカーです。

外資系の製薬企業は、近年の売上高が上昇傾向にあり、ファイザー(アメリカ)、MSD(アメリカ)、グラクソ・スミスクライン(イギリス)など前年に比べて大幅な飛躍を遂げています。

「新薬創出加算」を取得した数が多いほど、売り上げが上昇傾向にあり、外資系企業は取得数が多く、国内メーカーは少ないことが売上率にも大きく影響しているのです。

新薬創出加算とは、新薬の特許がある間は、薬価を安定的に据え置く→特許が切れジェネリック医薬品が販売された時、薬価を一気に下げるというものです。

日本でのジェネリック医薬品の普及は海外に比べて低く、それには「安い=悪い」という日本人の考えがそうさせていると言われています。

そこに、世界最大メーカーのファイザーが本格的なジェネリック医薬品の参入をし、他メーカーも同様に参入してきている為、今後ジェネリック医薬品の普及が見込まれています。

外資系製薬企業の飛躍と、国内製薬企業の今後の予想

外資系の製薬企業は、国内企業に比べて、新薬開発のための資金が豊富にあります。

現在市場に出回る新薬だけでなく、外資系企業は開発中の新薬が多く、それに比べ国内企業は開発資金が多くはないため、今後大きなダメージとなると言われています。

今だ日本の医療にはドラッグラグ(国外では使用可能な医薬品が、国内では使用不可となっていること)が問題とされておりますが、今後解消されていくとされており、そのことも外資系企業が国内で活発化すると予想されています。

今後、これらのことから国内企業は外資系企業に抑圧されるのではと懸念されているのです。

芸詩形製薬会社の現状まとめ

製薬会社が数多くある日本ですが、海外企業の参入によって買収が進むことが予想されているだけではなく、海外企業による日本企業の抑圧があるかも。給料や待遇面も考えて、海外企業を選んでおくと吉?

転職できなかった、もっと年収アップできた、転職したけどこの会社居心地が悪い・・・というミスを防ぐ方法を紹介。
詳しくはこちら
MR経験者、畑違いの業界で活躍中の未経験者のどちらでも、転職に成功して年収アップを狙えるMR求人紹介サイトをまとめました。
詳しくはこちら
運営情報サイトマップ
Copyright 2013-2017 MR求人&転職ひろば All Rights Reserved.

ページトップへ