MRの仕事で良いこと

MRの醍醐味

大学卒業後、ずっとMRとして働いているという人よりも、前職は全く違う職種で働きMRに転職したという人が圧倒的に多いMR。

  • もっと人の役に立つ仕事をしてみたい
  • 専門知識を持っているレベルの高い人と対等な関係を持ちたい
  • 人に喜ばれたい
  • 医療関係に興味があり、医薬品の知識がほしい
  • 人と会話することが好きで、知識を人に伝えたい

など、MRになる前に感じていたことが、実現できるのがMRです。

MRになってよかった

MRになっての初めての喜びは、自分の新薬の情報提供を聞いた医師が治療のために、取り扱ってくれたというときでしょう。

さらに「あなたに薦めてもらった薬で患者がよくなったよ」と今後医師に言われたときは、感無量となります。

今まで頑張ってきてよかったという気持ちと、これからもがんばろうという意欲にもなるため、新たなステップアップになるはずです。

なにより、MRとしての自分を認めてもらった&信頼されているということが、MRという仕事を選んでよかったと思える瞬間になります。

実際に医薬品を取り扱ってもらうのですが、MRはその商品を売るというより、知識を売るという仕事です。

医療現場にいなくても、治療に必須の医薬品を提供する「薬の専門家」であり、「医師のパートナー」として医薬品の最前線で活躍できることに、やりがいや向上心を持てるのです。

MR未経験者の方向けまとめ

やりがいや醍醐味が盛りだくさんなMRは、仕事に打ち込みたい人にピッタリなお仕事。会社と医師の間で動き、間接的に患者さんの治療をサポートしているんですよ。あなたの営業力が人を救っているんです。

転職できなかった、もっと年収アップできた、転職したけどこの会社居心地が悪い・・・というミスを防ぐ方法を紹介。
詳しくはこちら
MR経験者、畑違いの業界で活躍中の未経験者のどちらでも、転職に成功して年収アップを狙えるMR求人紹介サイトをまとめました。
詳しくはこちら
運営情報サイトマップ
Copyright 2013-2017 MR求人&転職ひろば All Rights Reserved.

ページトップへ