MRの仕事

MRとは?MRの仕事

MR=メディカル・リプレゼンタティブ

長い名前の職種のため省略して呼ぶことが多く、製薬会社での医薬品情報の知識をもった「薬の専門家」の人のことです。

日本にMRは5万5千人以上おり、中でも5千人ほど(約1割)は女性です。大半が男性MRでありながらも、現在女性MRが増加傾向にあります。

近年、目指す人が多くなっているMRは、いったいどのような仕事をしているのでしょうか?

薬には、ドラッグストアなどで手に入る一般用医薬品と、医療機関で医師の指示にて処方される医療用医薬品があり、その後者の薬剤情報を医師や薬剤師に提供するのがMRの仕事です。

MRは社会的責任のあるセールスマン

MRは医師や薬剤師に医薬品の情報を伝え、自社の医薬品を取り扱ってもらわなかればなりません。そのために、医療機関へ足を運び宣伝する、いわゆる「薬の営業マン」です。

医薬品の効能だけでなく、副作用や使用方法、使用上の注意など、一つの医薬品であってもたくさんの知識がなくてはなりません。その理由は2つあります。

1つ目は、医師から信頼を得るためです。医師と面会して医薬品の説明時に、「この薬は○○?」と、相手に質問されてすぐに答えられなければ信頼性を失い、取り扱ってもらえないということになりかねません。

事前に多くの薬剤の知識&医学の知識も必要であり、品質の良さや安全性に優れている点をどのようにアピールするかなどの戦略も考えておくことが大事です。

また、取り扱ってもらっている医療機関からクレームがあった場合も、MRが対応し改善していかなければなりません。

2つ目は、患者さんの命を守るためです。医療用医薬品は効果が強いため、副作用が出やすいものも多数あります。間違った知識を医師に提供し、もしそれを鵜呑みにし患者に処方した場合、万が一死に至るということも考えられます。

情報提供するMRは、正しい知識を持ち合わせなければいけない重要かつ責任のある立場にいるのです。

やりがいたっぷりの命を守る営業職

医療現場で命を守るのは医師や看護師といった国家資格を持っている方々ですが、MRは特別な資格がなくても医療業界に携われる貴重な存在。患者の治療で必須なのが医薬品ですので、MRは「医師と医薬品とをつなぐ相棒」ともいえる存在です。

取り扱った医薬品で患者の容態が良くなったり、正しい医薬品の情報により副作用発生時の対処がスムーズにできたなど、医師からうれしい言葉をもらうことがあるとてもやりがいのある仕事ともいえるでしょう。

余談ですが、医師と仲良くなると「これ、あげるよ」と高価なものをいただくこともあるんですよ。

MRの仕事まとめ

薬のことを熟知して、病院を訪問して効能や服用法などを医師に説明する、いわば薬のセールスマン。病院でイイお薬を出してもらえるのは、MRが日夜奮闘しているからなのですね。

転職できなかった、もっと年収アップできた、転職したけどこの会社居心地が悪い・・・というミスを防ぐ方法を紹介。
詳しくはこちら
MR経験者、畑違いの業界で活躍中の未経験者のどちらでも、転職に成功して年収アップを狙えるMR求人紹介サイトをまとめました。
詳しくはこちら
運営情報サイトマップ
Copyright 2013-2017 MR求人&転職ひろば All Rights Reserved.

ページトップへ