MRに必要な資格や経歴

MRに必須資格はあるの?

MRは医療用医薬品の情報提供を医師や薬剤師に行う仕事ですが、必ず持っていなければいけない資格はありません。

しかし、製薬会社で医薬品のセールスをするということは、正しい知識が必要な仕事でありとても責任の重い仕事でもあるため、MR認定試験をうけ認定証をとるのが望ましいでしょう。特に新薬メーカーに勤めたい人には、必須資格となるはずです。

資格取得しても、5年後には更新しなければならず、資格保持者は忘れずに講習を受け更新する必要があります。

MRとして勤めるために必要な経歴は?

必ず必要な経歴というのはないのがMRですので、転職する人も多く以前は全く違う職種だったという人が多くみられます。また、多くのMRを必要人材としている企業が多いため、MR経験者が中途採用されるケースもあります。

MRとしてのキャリアがある人は、新しい製薬会社で面接時に、以前の実績をアピールするといいですよ。普通すぎる実績のアピールはインパクトに欠けるので、「実績自体の評価」ではなく、「実績をあげられたワケ」をアピールすると面接官のココロに刺さります。また、あなたが会社の求める人材かどうかの判断材料を提供することも大事。MRとしての自信・誇り・勤勉・積極性などを伝えていきましょう。

以前はMRではなく、転職としてMRをがんばりたい未経験者も多いはずです。やはり求められる人材としては、どれだけ売り上げに貢献できるかという点ですので、人付き合いが上手な人が求められます。前職が、営業職であったり人と接する職業だった人は有利ですが、即戦力候補な人材が最優先で採用されます。未経験者の場合、MRとしての仕事をしたい人には、「コントラクトMR」から始めるという手もありますよ。

コントラクトMRは、製薬メーカーに派遣されてお仕事するので、経験を積むにはうってつけ。しかもCSO(MRの派遣業者)はMR認定試験の勉強サポートに力を入れているため、働きながら資格が取得できます。また、経験を積みながら実績を上げることで、勤務先の製薬メーカーへ自分をアピールできるのも大きな魅力ですね。

MRは必要な資格や経歴はありませんが、一番必要とされているのは「どれだけの経験、どのような実績を残し、今後も実績を上げられる人材か」という内面的な部分なんですよ。

MR未経験者の方向けまとめ

MRになるために必要な資格や経歴はありませんが、MR認定試験で認定を受けていれば有利になることは間違いありません。営業職の経験者も有利。コントラクトMRは将来的にかなり有利な立場になれます。

転職できなかった、もっと年収アップできた、転職したけどこの会社居心地が悪い・・・というミスを防ぐ方法を紹介。
詳しくはこちら
MR経験者、畑違いの業界で活躍中の未経験者のどちらでも、転職に成功して年収アップを狙えるMR求人紹介サイトをまとめました。
詳しくはこちら
運営情報サイトマップ
Copyright 2013-2017 MR求人&転職ひろば All Rights Reserved.

ページトップへ