女性MR

女性MRの人数や働く環境ってどんな?

男性が多い製薬業界の中で女性MRとして働く人は全MR数の約1割。人数にして全国で5,000人ほどいらっしゃいます。男性主体ということもあり、女性MRにとって「働きやすい職場」「快適な職場」作りは一昔前までそれほど進んでいませんでした。

そのため、女性MRは結婚や出産を機会に退職しなくちゃならないという考えがあったのですが、それはもう昔の話。今では、土日休みや定時であがれるパートタイムといった働き方を提案・整備している製薬会社も増えました。

女性MRの仕事:昔と今

昔の女性MRの悩みや労働環境

  • MRは転勤がある
  • 結婚や出産などで退職するので重要な仕事を任せてもらえない
  • 出勤時間が早く、帰宅は遅い
  • 出産&子育てを経て2~3年後の復帰では、薬物治療が変わっていることが多い

MRの仕事にやりがいを感じるものの、様々な理由によって辞めざるを得ない人も多かったのが特徴。そのため、独身女性だけでなく、結婚&出産後の職場復帰が難しいのが女性MRの大きな悩み。寿退社後は、別業界で活躍したり専業主婦になるのが主な選択肢でした。

他の業界に比べて、まだまだ製薬業界は女性が働く上で、「働きやすい職場」が出来上がっていなかったのが原因。会社の女性に対する偏見や、産後でも安心して復帰できる環境づくり&サポートの必要性が製薬業界の課題でしたが進んでいませんでした。

今の女性MRはどのように労働環境が改善された?

  • 女性MRは転勤を配慮する
  • コントラクトMR(派遣型or請負型)として産後復帰の場を用意
  • リリーフMR制度(休職前と同じエリアを担当)
  • ダブルカバー制度(1エリア2人態勢)
  • 勤務時間の配慮がある

近ごろ、女性MRが増えてきたので、これらのような仕事スタイルを提案する製薬会社も増えてきました。転勤で単身赴任しなくても良いし、リリーフMRやダブルカバーなら出産後でもブランクを不安に感じることなく安心して復帰することができますよね。保育園のお迎えに間に合うのもかなり気が利いています。

他にも、パートタイムや勤務地指定可など、柔軟な姿勢で勤務をサポートしていて、製薬会社は女性が働きやすい職場作りをするのは当たり前となってきているんですよ。

女性MRまとめ

男性メインのお仕事ですが、女性MRがどんどん増えてきているので働きやすい環境作りにメーカー側も力を入れ始めています。

転職できなかった、もっと年収アップできた、転職したけどこの会社居心地が悪い・・・というミスを防ぐ方法を紹介。
詳しくはこちら
MR経験者、畑違いの業界で活躍中の未経験者のどちらでも、転職に成功して年収アップを狙えるMR求人紹介サイトをまとめました。
詳しくはこちら
運営情報サイトマップ
Copyright 2013-2017 MR求人&転職ひろば All Rights Reserved.

ページトップへ